OKIネクステックのDMS

技術者集団があらゆるプロセスでお客様の製品開発をご支援します。

機能試験機開発サービス機能試験のことならお任せください!

製品の外観検査のほかに、製品の機能試験適用を推奨しています。
部品実装後の外観検査では、はんだ接続状態など、実装上問題ないか確認することができます。
これに対し機能試験では、機能試験設備(※1)を使用し、実際に製品を動作させ、製品のコネクター部と接続(接触)し、機能ブロック単位で機能検証します。
これにより、外観検査だけでは防ぐことができない、部品不良などの問題を未然に検出し、お客様へ機能的に問題ない状態で製品をお納めすることができます。

  • ※1 FCT:ファンクションテスター

    製品の機能確認用試験設備実際の使用条件に近い動作をさせて合否を判定します。

機能試験で実現できること

機能試験で実現できること

  • 量産時の試験機立ち上げ、量産移行後のトラブル対応、などは、すべてわたしたちが対応します。
    そのため、お客様のご負担は軽減され、設計に専念いただけます。
  • 検査ログを保存することができます。
    シリアルNo.、MACアドレス、測定値、合否判定結果、等、検査結果をログとして保存し、製品のトレーサビリティ管理を実現します。
    ログ管理には製品にシリアルラベルを貼り付ける必要があります。
    QRコードの当社標準仕様をご提案します。
  • 検査の自動化により、検査工数の削減が可能です。

さらに、機能試験機の"共用化"を実現

機能試験は実施したいが、コストや納期などでお困りのお客様に対し、共用機能試験機(プラットフォームFCT)をご提案します。
試験機の"共用化"により、試験設備の開発期間短縮と開発費用の低減を実現します。

プラットフォームFCTの構成

機能試験機を専用部(プローブピンで構成されたピン治具)と汎用部(各種基板で共用、プレス機、計測器など)に分離することにより、試験機の開発範囲を、専用部と制御・検査プログラムに限定できます。

プラットフォームFCTの構成

プラットフォームFCTを適用するために

プラットフォームFCTを適用するために

プリント基板には、あらかじめテストパッド(プローブピンを当てる場所)を、基板設計段階で設ける必要があります。
基板設計からお任せいただくことで、プリント基板にもれなくテストパッドを設けることができます。

プラットフォームFCTの主な機能

機能試験機を専用部(プローブピンで構成されたピン治具)と汎用部(各種基板で共用、プレス機、計測器など)に分離することにより、試験機の開発範囲を、専用部と制御・検査プログラムに限定できます。

通信機能
EtherCATをはじめ、RS232C、USB、LAN、CANなど対応可能
計測機能
デジタルマルチメーター、オシロスコープ、安定化電源、ファンクションジェネレーターを装備
不良解析支援機能
検査NG判定となった項目に対し、NG推定箇所を表示、問題箇所の早期検出により、解析時間の短縮が可能

不良解析支援機能

新たな試験機技術のご提案に向けた取り組み

お客様からのご要望にお応えできるよう、新規試験技術の開発にも力を入れています。

高速伝送線路への機能試験適用
USB3.0など高速I/Fの機能試験を自動化する技術を開発しました。
新たな試験技術開発にも取り組んでいます。
機能試験適用のご要望がございましたら、まずはご相談ください。
OKIネクステックのDMSに関するお問い合わせ先
Webからのお問い合わせ: お問い合わせフォーム

お問い合わせ

お問い合わせ