OKIネクステックのDMS

技術者集団があらゆるプロセスでお客様の製品開発をご支援します。

無線機器設計サービス

無線技術・設備

無線を利用した装置/基板開発のことならお任せください。

社会インフラ向けの無線装置開発で培った豊富な設計資産をベースに、最適な無線技術をご提案します。
IoTやDXで必要となる無線装置の回路設計、評価、製造まで一貫して対応します。
当社は無線特有の測定器を保有しており、各種工程でサービスのご提供が可能です。
また、慣れていないと手続きが難しい電波法認証の対応もお任せください。

開発事例

放送用基地局、業務用無線.IoT無線端末など、信頼性が求められる分野の製品開発で多くの開発実績があります。40年以上にわたって培った無線技術をご活用ください。

開発実績

  • ハイスペック無線:放送用基地局、業務無線機など
  • 小電力/微弱無線:特定小電力無線、Bluetooth、LPWA、Wi-Fi(無線LAN)
  • 公衆無線:4G、LTE無線端末など
  • その他:環境発電無線(エナジーハーベスト:光・振動等により発電、電池交換不要)

保有技術

  • 高周波回路:ローノイズアンプ、ミキサー、シンセサイザー、各種フィルター
  • 電力増幅器:送信出力~50W
  • 周波数帯:10MHz~2.4GHz帯
  • 変復調:アナログ方式、デジタル方式
  • その他:デジタル信号処理、誤り訂正、環境発電利用無線

開発実績

電波法認証対応(技術基準適合証明、技適マーク)

電波はテレビやラジオ、携帯電話などの身近なもののほか、警察や消防、防災、航空無線など、ライフラインとして使われています。これらの安心・安全を確保し、多くの人が公平かつ能率的に電波を使えるように「電波法」が定められています。不法な電波は通信を妨害し、ライフラインの安心・安全を脅かします。そのため、無線機器の使用には、原則、無線局の免許や無線従事者の資格が必要です。
ただし、特定無線設備(小規模な無線局に使用するための無線設備)については、使用者の利便性の観点から、事前に電波法に基づく基準認証を受け、総務省令で定める表示「技適マーク(技術基準適合証明等のマーク)」 が付されている場合には、無線局開設手続について免許手続時の検査の省略等の特例措置が受けられます。
この特例措置を受けるために、国内で使用できる無線機器のほとんど(特定小電力無線、Bluetooth、LPWA、Wi-Fi(無線LAN)など)に付いているのが、電波法令の技術基準に適合していることを証明する"技適マーク"です。

技適マーク
技適マーク

技術基準適合証明("技適マーク"認証)は総務大臣の登録を受けた登録証明機関のみが行うことができます。
登録証明機関での認証・証明には、次の2種類あります。

  • 工事設計認証:機種(商品の型式・型名)毎に書面及び試験等による認証、大量生産機種向き。
  • 技術適合証明:無線装置1台ごとに試験等による証明、試作品や少量の機種向き。

当社は"技適マーク"取得を支援します。

登録証明機関への申請書類には無線設備の技術的な内容が含まれており、不慣れな方には難しいものです。
当社は多数の“技適マーク”取得経験がございますので、設計・製造の受託案件につきましては、お客様の登録証明機関への申し込みから"技適マーク"取得までを支援いたします。安心してご依頼ください。

  • 無線性能事前評価:登録証明機関申請前に無線設備の評価データを取得して、結果をご報告します。
  • 申請書類作成支援:登録証明機関へ提出する資料の作成をお手伝いします。
  • 申請書類作成代行:登録証明機関への申請作成を代行します。

保有設備

高周波特有の高価な測定器(スペクトラムアナライザー、ネットワークアナライザー、シグナルジェネレーターなど)を保有しています。
また、機能試験機や自動測定プログラムなど、量産時の試験環境の立上げも対応します。

試験項目例

  • 送信出力、周波数偏差、占有帯域幅、スプリアス発射強度
  • 受信感度、選択度、雑音指数、入力インピーダンス
  • 振幅周波数特性、歪率、信号対雑音比
  • 残留振幅変調雑音、振幅変調抑圧比
  • 広帯域周波数特性、広帯域歪み特性、左右分離度

高周波回路測定器

試験項目

無線機器評価施設(電波・電磁波シールドルーム)

電磁波を遮断するシールドルームを保有しています。
高感度受信装置の検査など、外来ノイズや干渉の影響を受けやすい装置の検査が可能です。

無線機器の評価施設

FUKUYAMA製 サイズ W2,700×D2,500×H2,500 (mm)
性能 0.5MHz~1000MHzにおいて80dB

恒温槽

温湿度試験で使用する恒温槽を各サイズで10台保有しています。
最大のものは高さ3.2mなので、放送機器などの大型装置の評価試験も対応可能です。

大型恒温槽

エスペック製 型式 TBL-6H20A6PJL
内寸 W4,000×D3,200×H3,200 (mm)
間口 W3,000×H2,300 (mm)
温湿度 -30℃~+80℃/10%~95% rh

920MHz帯マルチホップ無線

概要

免許不要で長距離伝送、マルチホップで無線通信の信頼性を向上
  • 無線子機の多段中継により、長距離・広範囲の無線通信が可能です。
  • 自動的に最適な経路で中継する為、障害に強いネットワークを構築できます。
  • お客様のご希望に合わせた仕様でご提供します。

利用シーン

親機から遠い、障害物などで電波が届かない場所の子機と通信したい

利用シーンイメージ

開発事例

お客様回路を含め設計~製造まで対応、カスタマイズします。

920MHz帯マルチホップ無線のイメージ

電池レスBLE無線ビーコン

概要

光発電のみでBluetooth Low Energyによるビーコン発信を実現
  • 電源配線が不要なため設置コストが低減、電源から遠い場所でも活用できます。
  • 電池が不要なためメンテナンスフリ―で環境に優しい無線ビーコンです。
  • お客様のご要望に合わせた仕様でご提供します。

利用シーン

地形や構造物の経年変化データの取得
  • 角度・加速度、各種センサーの搭載をカスタマイズ
  • スーパーキャパシタ搭載で夜間でも送信可能
  • 外部センサー対応
  • 電源ボード背面搭載スーパーキャパシタ
  •  
工場やオフィス内を移動する物の所在地の可視化
  • 蛍光灯下でも発信、屋内・屋外を問わず機器やパレットの固有IDを送信
  • 取付はケースに入れて設備に簡単取付

開発事例

センサー搭載の超低消費電力ビーコン発信ボード
環境発電専用の高性能電源ボード
仕様 通信距離 10m(外部アンテナ化の場合:見通100m)
送信間隔 0.02~10秒(USB接続にて設定可変)
接続センサー数 アナログ6個、デジタル4個
  • ケース組込事例1
  • ケース組込事例2
  •  

センサー搭載の超低消費電力ビーコン発信ボード/環境発電専用の高性能電源ボード

OKIネクステックのDMSに関するお問い合わせ先
Webからのお問い合わせ: お問い合わせフォーム

お問い合わせ

お問い合わせ